2019.2.5 サイトリニューアルしました!

学会

【2020年】 血液浄化CEにオススメの学会の 日付・場所・抄録締切をまとめてみた

投稿日:2019年10月28日 更新日:

Pocket

 

さぼ
どうもさぼ(@ce_sabo)です。

 

お久しぶりです。

相変わらず忙しい日々を過ごしています。

最近、2020年開催される学会の抄録締め切りが発表されました

 

毎年4~6月開催される学会は前年の10~12月抄録締め切りになることが多いです。

今回は2020年の血液浄化関連で働く臨床工学技士が発表できそうな主要学会3つの日付、場所、抄録締め切りについてまとめていきます。

 

今回挙げる学会は僕も発表、参加する予定ですので、是非一緒に発表・参加しましょう!

 

第30回日本臨床工学会@名古屋

 

開催日時:2020年5月23日(土)~5月24日(日)

会場:名古屋国際会議場

演題募集(一般演題):2019年10月1日(火)正午~11月27日(水)正午

 

僕もほぼ毎年参加している学会です。

大きな特徴として、この学会は全国のすべての分野の臨床工学技士が参加・発表する学会ということです。

血液浄化関連だけでなく、呼吸器や心臓系すべての分野です。

 

一般口演・ポスターだけでなく、企業展示も含めワークショップ、パネルディスカッション等などその年のトピックを知ったりすることができるので非常に勉強になる会です。

その他にも1日目行われる意見交換会も毎年色々な企画があり、他施設と交流できる場も設けられています。

 

また、今年から僕が運営しているコミュニティ「CEぷらす」でも発表・参加を積極的に行っており、加えてオフ会もやりました。

楽しかったなぁ。

是非、来年もしましょうね!

 

 

今年の日臨工では僕はYBPAにノミネートされましたが受賞ならずでした。

来年以降は引き続き受賞を狙っていきたいと思います。

 

 

第47回日本血液浄化技術学会学術大会@広島

 

開催日時:2020年4月18日(土)~4月19日(日)

※17日は総会等なので注意

会場:広島国際会議場

演題募集(一般演題):2019年10月7日(月)~12月6日(金)

 

日臨工が臨床工学技士が関わるすべての分野であるのに対し、この学会の特徴としては血液浄化のみに関する学会であるということです。

なので、一般演題はもちろんのことランチョンセミナーやシンポジウム、ワークショップ、その他セミナーはすべて血液浄化技術に関するものとなっていて、血液浄化を集中的に学ぶのにうってつけかと思います。

 

また、発表者・参加者は臨床工学技士だけでなく、看護師、理学療法士、管理栄養士、臨床検査技師等の血液浄化に関わる様々な医療職であり、「多職種の視点」があるのも特徴の一つです。

 

慢性維持透析を仕事としている僕としては、透析という治療は臨床工学技士がいくら頑張っても限界があって、患者さんの状態をより良くするためには、食事管理や栄養の知識、運動療法など色んな方面から介入していく必要があると思っていて、今後は更に多職種連携が必要になってくると感じています

 

第65回日本透析医学会学術集会@大阪

 

開催日時:2020年6月12日(金)~6月14日(日)

会場:大阪国際会議場/リーガルロイヤルホテル大阪/グランフロント大阪

演題募集(一般演題):2019年10月31日(木)~2019年1月7日(火)正午

 

全国規模で、透析関係で一番大きい学会というイメージです。

前述した2つの学会は2日開催ですが、透析医学会は3日間開催で、一般演題、ポスターともに数多くあります。

会員の場合毎年分厚い抄録集が送られてきますが、その厚さが演題数の多さを物語っています。

JSTBと似て臨床工学技士以外の医療職が参加・発表しますが、もう一つの特徴として「医師」の発表・参加が多いイメージです。

講演も海外の先生を招待した招待講演などもあり、今年の特別講演ではAIや機械学習の最新のトピックなど様々な分野の視点で透析に関して学ぶことができる会だと感じています。

 

今年は横浜開催だったのですが、お世話になっている先生やTwitterで知り合った方と挨拶、交流できて本当に有意義な時間でした。

 

 

まとめ(画像あり)

 

Twitterでもチラッと挙げましたが、今回の記事のまとめはこちらです。

 

 

 

施設によっては発表しないと、自休を使わないといけない、移動費・宿泊費が出ないなどあると思うので、発表をすることをオススメします。

また、各学会演題募集期間を向けていますが、延長する場合もあるので、「間に合わなそう」と思っても意外と間に合ったりもしますのでギリギリまで粘ってみてください

 

今回は以上です。

 

僕も抄録作り頑張ります。

発表を考えている人は一緒に頑張りましょう。

 

では。

 

 

 

 

 

 

-学会

Copyright© CEさぼの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.