2019.2.5 サイトリニューアルしました!

研究

まとめ:ネットで透析関係の抄録・論文を探す方法5選

投稿日:

Pocket

 

さぼ
ご無沙汰しております。さぼ(@ce_sabo)です。

 

かなり更新が久しぶりとなってしまいました。

 

ところでみなさんは論文をどのような手段で入手していますか?

一般的には学会の施設会員や個人会員で年に何度か論文集が送られてきたり、大学図書館で取り寄せたり、論文集を購入したりなどですよね。

しかし、今はWebサイト(ネット)で大体の物は手に入ります

 

今回は論文大好きCEさぼが透析関係の抄録・論文を探す方法を5つピックアップしてまとめていきたいと思います。

 

ネットで無料で論文を読めるのにも関わらず「知らない」「読まない」という方が少しでも減って欲しいです。

 

 

J-Stage - 国立研究開発法人 科学技術振興機構(論文)

 

J-SATGEはほぼ無料で読むことができます。

※一部認証があり無料で読めないものもあります。

 

僕は国内の論文を探すとき、透析関係だったら「日本透析医学会(通称JSDT)」の論文を探すときに使います。

JSDTの論文は無料で読めるものが多く、PDFでダウンロードも可能なので「国内の透析関係の論文」ときたらまずはここを探せば良いかと思います

 

J-STAGEとは引用させていただくと、

「科学技術情報発信・流通総合システム」(J-STAGE)は、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) が構築した日本の科学技術情報の電子ジャーナル出版を推進するプラットフォームです。

引用:J-STAGE概要 - 国立研究開発法人 科学技術振興機構

とのことです。

 

プラットフォームとは色んな意味があってこの場合「基盤、サービス、環境」みたいな感じでいいかと思います。

2019年8月現在、約480万論文、約2900ジャーナル、26分野あるそうで、透析に関わらず医療安全系や実験系の論文を探すときに利用したこともあります

 

さぼ
フリーでアクセスでき論文を読むことができるということは、論文を投稿する側からするとより多くの人に読まれたり、引用されることに繋がります。多くの人に読まれ、引用されるということは医療の発展や応用に繋がり、患者さんに還元されます。なので論文を投稿する際はこのようなサイトで検索されるようなジャーナルを選択するべきかと思います。

 

 

PubMed(抄録・論文)

言わずと知れたPubMedです。

 

PubMedは以前僕のブログでも紹介しました。

無料で医学系英論文を検索する方法

 

続きを見る

 

海外の医療生物系の論文はほぼ網羅できるのではないかというくらい収容数があります。

 

僕は海外の論文を探すときはほとんどここで探していてとても助かっています。

もちろん腎・透析関係の超有名雑誌KI、NDT、JASN、CJASN、AJKDに収容されている論文も閲覧することができます。

 

PubMed内では基本的にAbstruct(抄録)しか出てきませんが、抄録の画面の右上に出てくるリンクをクリックすると無料で全文読める論文もあります

 

ちなみに僕が普段ツイートで紹介しているのもPubMedのTwitter共有ボタンからやっています。

 

「PubMedの使い方が分からない」という方は下記リンクをオススメします。

色んな検索方法があって色々試してみるといいですよ。

 

 

日本透析医学会 学術集会・総会 抄録アーカイブ(抄録のみ)

 

こちらも過去に僕のブログで紹介したものです。

検索方法や画面の見方はこちらの記事を参考にすればかと思います。

 

透析関連の研究の抄録を無料で閲覧する方法

    どうもさぼです。      僕は医療従事者である以上、『エビデンス(根拠)に基づいた情報を常に吸収し、現場に活かさなければならない』と常日頃思います。 ...

続きを見る

 

この抄録アーカイブは抄録しか読めないので、どらかというと「特定のテーマでどのような研究・発表があるのか」「国内でしか使用されていない医療機器・医療材料の情報を集めるとき」等に広く浅く知りたいときにオススメです。

 

演題名、著者名、抄録内容から過去の抄録を探すことができます。

 

日本血液浄化技術学会HP(論文)

※こちらはJSTBの会員のみ閲覧できます

 

僕も会員で毎年参加している学会です。

会員限定ですが、過去に雑誌に掲載された原著・発表論文を読むことができます

タイトル(フリーワード)、年、月、巻、号で検索可能です。

学会名にある通り、慢性血液浄化をはじめとして急性血液浄化まで血液浄化全体幅広く取り扱っています。

 

詳しく調べたわけではないですが、JSDTは医師をはじめとするすべての医療職の学会・雑誌

というイメージである一方、JSTB(日本血液浄化技術学会)はCEが比較的多い気がします。

なので、透析条件やモニタリングなどのCEが関わる業務に関しては、JSTBの方が論文数が多い感じです。

 

 

日本臨床工学会抄録アプリ(抄録のみ)

※PWありです。PWは各学会の抄録集に記載されています。

 

第26、28、29回分をwebページで見たい方はConfitのこちらのページから

第27回は提供元が違うので残念ながらWebで見ることができません。

しかし、iPhone、iPad、androidアプリが第27回日本臨床工学会の場合はまだあるので閲覧可能です。

iPadでダウンロードしてみましたが問題なく閲覧できました。

第27回日本臨床工学会の下記のページからダウンロード可能です。

 

これらのWebサイト、アプリではイトル、発表者、フリーワードでの検索も可能なので非常に便利です。

 

僕はJACEで発表する場合は、常にBPAを狙っている(おかげさまで受賞まで至りませんでしたが、今年はYBPAノミネートできました)ので、毎年どんな演題がBPAにノミネートされているのか?を見るときによく使います

 

まとめ

 

今回はネットで透析関係の抄録・論文を探す方法を5つ紹介しました。

本当はまだあるんですけど、このへんは次回以降の記事に取っておきます。(もしくは追記)

 

まとめ

1. J-Stage - 国立研究開発法人 科学技術振興機構(論文)

2. PubMed(抄録・論文)

3. 日本透析医学会 学術集会・総会 抄録アーカイブ(抄録のみ)

4. 日本血液浄化技術学会HP(論文)

5. 日本臨床工学会抄録アプリ(抄録のみ)

 

良い研究をするために、そして患者さんにより良い医療を提供するためには論文を読むのが必要不可欠だと思いますので、是非ご活用ください

 

 

 

-研究

Copyright© CEさぼの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.