透析に関わる全ての人に。透析のことを分かりやすく。

オンラインHDFにおけるTMPが上がる原因とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

 

どうもさぼ(@ce_sabo)です。

 

先日このような質問をいただきました。

 

 

誤字:CEは濾過を少なする

訂正:CEは濾過を少なする

 

追加でリプをしている通り、この対応は『一時的な対処』としてはいいと思うんですが、これが毎回起こったりする場合には原因を特定して、それに対する『対応』が必要になってくるんです。

 

こういうオンラインHDFに関するアラームなどの対応とかはほとんど透析関連の書籍には載ってないので、どうしてTMP上がるのか?透析液圧が下がるのか?などの『物理的な原理』を絡めて、まとめていきたいと思います。

 

透析CEは分かって当たり前。それこそ透析Nsにも根拠を含めて是非知ってもらいたいです。

 

長くなりそうなので2回に分けて記事にします。

今回は『なぜオンラインHDFでTMPが上がるのか?』を分かりやすく説明していきます。

 

<スポンサーリンク>

 

TMP(膜間圧力差)とは

 

透析を語るうえで切っては離せない『TMP』です。

TMPがあるからこそ、「除水」やHDFなどで行われる「濾過」が行うことができます。

簡単にいうと、血液側と透析液側で圧力差を作って、透析液側に溶液(溶質+溶媒)を引き込むという仕組み・原理です。

 

 

これは4点法と呼ばれる方法です。

オンラインHDFを行うことができるコンソールは何社かありますが、TMPを4点法で表示されるものがより正確な値を示すことができます

A圧をモニタリングできない装置はもちろんTMPは正しい値を示していないと思っていいです。

またTMPの式は3点法もあります。

自分の施設で使っているコンソールは何点法であるのか調べてみてください。

 

TMP関連ではこちらの記事もよろしくお願いします。

TMP(膜間圧力差)はマイナス?プラス?

オンラインHDFのときのTMPは?マイナス?プラス?

 

 

なんでオンラインHDFではTMPが上がるのか?

 

これが分からないと方法の根拠が分からないと思うので理解しときましょう。

オンラインHDFにおいてTMPが上がる主な原因として『膜の目詰まり』があります。

その膜の目詰まりがなんで起こるかというと「膜にあいている小さな穴にAlbなどの大きな物質が詰まるため」です。

細かく言うと、物質がつまるのではなくて色んなものが集まって、膜にあいている小さな穴にゲルのような『濃度分極層』というのが形成され、透析液装置側に引きたい水部や物質を抜けづらくしてしまう現象です。

 

 

膜の目詰まりが進むと、今まで引いていた圧力(TMP)では設定した水分量が引けなくなってきます。

装置側では設定した水分量(除水した分+補液した水分量)を引かないといけないので、目詰まりした膜に更に強い圧力をかけて水をひこうとします。

膜に更に強い圧力がかかる=TMPの上昇となるわけです。

↓分かりやすいかな?

 

 

【補足説明】

厳密にいうとこんな感じです。

 

TMPを決める要因

 

主な原因を述べましたが、TMPの理解はそう簡単ではありません。

またまたTwitterの引用 (笑)

 

CEの腕の見せ所として、これらの要因を踏まえてどのようにして、「安全かつ患者さんに適した透析条件でオンラインHDFをやるのか」だと思っています。

 

 

ではでは、今回はこの辺で。

実際の方法は来週更新予定です!

 

 

<スポンサーリンク>

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© CEさぼの備忘録 , 2018 All Rights Reserved.