透析に関わる全ての人に。透析のことを分かりやすく。

オンラインHDFのときのTMPは?マイナス?プラス?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

 

 

どうもさぼです。

 

 

TMPの記事がこのブログで2番目に多く読まれています。

 

TMP(膜間圧力差)はマイナス?プラス?

 

 

↑の記事はHDモードにおける話でしたが、今回はオンラインHDFモードについて説明していこうと思います。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

オンラインHDFのときのTMPは?

 

オンラインHDFの場合はどうでしょう?

 

モードがオンラインHDFのモニターを見ると以下のようになっていました。

 

静脈圧100  透析液圧60

 

 

 

仮に動脈圧200とします。

TMPは4点法の式から

 
TMP4点法:TMP=(動脈圧+静脈圧)/2-(透析液入口側+透析液出口側)/2

 

 

TMP=(200+100)/2ー60

  =150-60

  =90

 

 

となり、やはりTMPは、マイナスではなく、プラスです。

 

 

オンラインHDFになると除水+補液した分の限外濾過となるので、

TMPはHDと比べると更に高くなります。

 

 

HDでもオンラインHDFでもTMPはプラスということもしっかりおさえてください。

 

 

 

ここで終わりではあまりに物足りないと思うので、TMP関連でもう一つネタを用意しました。

 

 

 

 

↓に続きます。

 

 

 

 

オンラインHDFでは「静脈圧>透析液圧」が多い。なぜか?

 

 

 

これ気になりませんか?

 

 

 

これHDでは

 

静脈圧:100  透析液圧:130

※HDの場合、積層型でも違ってくるので、興味がある方は見るとおもしろいと思います。

 

 

HDでは静脈圧<透析液圧となっているときが多いです。

 

 

ですが、

 

HDからオンラインHDFに切り替えると以下のような現状が起こります。

※実際は相当な理由がない限り、治療中にHD→OHDFの切り替えは行いません。

 

 

 

静脈圧100  透析液圧60

 

 

静脈圧>透析液圧となっています。

※補液量・除水量によっては静脈圧<透析液圧の場合もあります。

その時はどんなときか考えてみてください。

 

 

 

なぜでしょう。

 

 

 

これは簡単にいうと、

 

 

 

オンラインHDFは補液した分限外濾過をするので、その分TMPが大きくなるためです。

 

TMPの式から

 

 
TMP4点法:TMP=(動脈圧+静脈圧)/2-(透析液入口側+透析液出口側)/2

 

 

なので、

透析液圧が低くなればなるほど、TMPが上がることが分かります。

 

 

 

実際は装置側に陰圧をかけて、透析液圧を下げてTMPを上げてるんですね。

 

 

まとめ

 

よって、今までのことをまとめると以下のようなことが言えると思います。

 

 

1.オンラインHDFでは補液量を上げれば上げるほど、透析液圧が低下し、TMPが上がる。

 

2.TMPが上がると限外濾過量が増加し、大分子物質の除去量やAlb漏出量が増える。

 

 

 

 

オンラインHDFを行う上で、TMPの知識や原理を理解することは必須です。

 

 

 

TMPが上がればどうなるか?

透析液圧が下がるとどうなるか?

透析中透析液圧・TMPはどんな増減をするのか?

患者さんにどんな影響があるのか?

 

 

 

これを機会に考えてみてください。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© CEさぼの備忘録 , 2018 All Rights Reserved.