透析に関わる全ての人に。透析のことを分かりやすく。

ブログ開設までの流れ・概要(WordPress編)

2018/04/16
 
ブログ開設までの流れ・概要(WordPress編)
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

 

どうもさぼです。

 

 

 

今回は少しでも多くの人にブログというものを知ってもらいたい

(本音は医療系ブロガーを増やしたい)ので、

WordPressでブログ開設までの流れ・概要を記事にしました。

 

PC初心者でも分かるように、随時説明を挟んでいきます。

(自分もPC初心者ですが、、、)

 

 

今回はこんな流れなんだ。「へぇ~」みたいのだけでいいです。

是非、興味がある方は見てください。

 

 

<スポンサーリンク>

 

ブログ開設までの簡単な流れ

 

流れ

1.レンタルサーバーを契約

2.独自ドメインを取得

3.WordPressをインストール

4.ブログ完成

 

こんな感じです。

3.はクリック数回ですぐできちゃうし、4.はWordPressにログインするだけなので、

やることは実際2つです

※1.2.はどっちからやっても変わらないです。

 

これまで、PC初心者の僕は一切勉強してません。

ブログ関係の本はブログ開設してから買いました。

 

ブログの開設するまでは本を買ったり、PCスキル(プログラミングとか)は一切必要ないんです。

 

僕がそれでもブログを開設できた方法とは、、、

それは、

各ブロガーさん達のブログを見ながら、それ通りにやるだけなんです。

 

今はWordPressブロガーは今かなり多くて、

初心者に対してその開設方法や設定などを記事にしているブロガーさんが山ほどいるんですよねぇ。

 

 

 

 

レンタルサーバーを契約

 

まずレンタルサーバーってなんぞや?ってなりますよね。

 

レンタルサーバーを分解してみましょう。

 

レンタルサーバー=レンタル+サーバー

 

まずは

 

まずは、「レンタル」の説明

レンタルとは、その名の通り、「借りる」

 

これでオッケー。次行きましょう。

 

 

 

次は「サーバー」の説明

 

サーバーとは

サーバーとは一言で言うと、「保管庫」です。

自分の「持ち家」という例えもありますね。

サーバーには、WordPressというソフト?や各Webページ(ブログのトップ画面や、固定ページ、記事など)を収納しています。

ユーザーがインターネットを介して、そのブログに訪れて見たい記事などをクリックすると、サーバーからその見たい記事を取りだして、ユーザーのデバイスに表示されるという感じです。

 

 

個人ではとてもじゃないけど、サーバーなんて買えないので、

レンタルサーバー業者がいます。

ほとんどの個人ブログはレンタルサーバーといっていいでしょう。

 

レンタルサーバーは、個人がレンタルサーバー業者に契約金を払って、サーバーを使わせてもらうという感じですね。

「持ち家」というたとえがありましたが、

レンタルサーバーはいわば「賃貸住宅(アパート)」みたいな感じですね。

 

 

レンタルサーバーは2つで迷いました。

ロリポップ」「Xサーバーの2つです。

他にもたくさんありますが、この2つが初心者にはオススメです。

 

ちなみに僕はロリポップスタンダードプランにしました。

 

理由は「安い、初心者には機能が十分なため」です。

十分というか十分過ぎます。

 

スタンダードプラン
初期費用:1,500 
サーバー利用料金 (500円 x 12ヶ月):6,000 

 

初回支払額7,500 円(税抜)

ひと月あたり (初期費用除く)500 円(税抜)

 

 

↑ロリポップのHPで料金シュミレーターがあるので是非。

 

 

レンタルサーバーを比較する際に見るべきポイント

 

ポイントは主に5つです。

 

①応答速度

②セキュリティ

③値段

④独自SSL化

⑤WordPress自動インストール機能

です。

 

①応答速度

速い方がいいですけど、ある程度あればいいです。

応答速度は設定やプラグインなどである程度は高速化できます。

 

②セキュリティ

僕も初心者なので簡単にしか分かりませんが、あって損はないと思います。

ロリポップではウイルスチェック機能、WAFによる脆弱性対策などがあるのが良い点だと思います。

 

③値段

これももちろん安い方がいいですよね。

プランにもよりますが、値段は

ロリポップ<Xサーバーです。

 

④独自SSL化

これはロリポップ、Xサーバー共に対応して、簡単にできるのでOKですね。

 

⑤WordPress自動インストール機能

これもロリポップ、Xサーバー共に対応してるのでOK。

 

サーバーの落ちにくさはよほどのことがない限り、落ちないので気にしなくてはいいと思います。

 

何かあった時のためにもサポートも充実していた方がいいと思います。

 

自動バックアップもちょっと揺らぎましたが、有料だし、WordPressのプラグインで無料でできるのでやんなくてもいいと思います。

 

今のところサーバー落ちたことないし、大きなトラブル、データが消えたとかないので、

不安の方はオプションとして考えればいいと思います。

 

 

 

独自ドメイン取得

 

これも分解しましょう。

独自ドメイン=独自+ドメイン

独自:ここでは「自分だけの」って感じでいいと思います。

 

次は「ドメイン」の説明

ドメインとは

サーバーが「持ち家」ならドメインというのは住所のようなもの。

簡単に言うと「URL」です。正確に言うと少し違いますが、、、

 

yahooで例えると

URLは「https://www.yahoo.co.jp/」

ドメインが「yahoo.co.jp」です。

 

 

ドメインは「○○.△△」で構成されてますが、

○○の部分は任意の数字英字

△△の部分は.com、.net、.orgなどの中から自由に選びます。

 

△△は文字によって意味が与えられてますが、

よく分からないので、安パイの「.com」にしました。

 

ドメインもドメインを売っているドメイン業者から買います。

 

ドメイン業者も色々あります。

お名前.comが超有名ですね。

 

ドメインについても色々調べましたが、

ドメインはサーバーと違って、どこでも同じだと思います。

 

ただ、

レンタルサーバーが「ロリポップ」なら

ムームードメイン

でドメインを取得すると、設定がスムーズにできます。

 

ロリポップの会社がムームードメインというサービス(サイト)がやっているみたいで、

面倒なDNS設定も簡単にできます。↓

LOLIPOP! レンタルサーバーHP.ムームードメインの紹介

 

 

なので、僕はドメインは「ムームードメイン」にしました。

 

ロリポップ以外のレンタルサーバーでやる際は、どこでもいいので(たぶん)

できるだけ安く買った方がいいと思います。

 

ドメインについては以下の比較サイトが参考になると思います。

独自ドメイン取得会社の料金・サービス比較【2017年最新版】

 

 

 

WordPressをインストール

 

エックスサーバーもロリポップも自動インストール機能というのがあって、

それがマジで素晴らしい。

 

ボタン1つでインストールできて、始められます。

 

手動でやるのは時間の無駄ですし、手順は簡単の方がいいですよね。

 

今回のメインはブログ開設までの流れ・概要なので

自動インストールのやり方は今回は省略します。

 

 

 

ブログ完成

 

WordPressをインストールして、ログインできたら

ようやくブログ完成です。

 

終わった時は感動しました。

 

今まで検索してブログを「見る」側だったのが、「見せる」側になった瞬間でした。

 

 

 

まとめ

 

 

ブログ開設までの流れ

1.レンタルサーバーを契約

レンタルサーバーは以下の5つを見るべし!

①応答速度

②セキュリティ

③値段

④独自SSL化

⑤WordPress自動インストール機能

 

2.独自ドメインを取得

ドメインはどこでもいい。

レンタルサーバーが「ロリポップ」ならドメインは「ムームードメイン」がオススメ!

 

3.WordPressを自動インストール

ボタン1つで簡単にできます。

 

4.ブログ完成

 

 

この流れでざっと2時間くらいでできました。

早い人なら1時間もかからずにできるのではないでしょうか?

 

 

 

これだけ書いただけで長文になってしまいました。

 

実際の開設方法などは気が向いたら書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© CEさぼの備忘録 , 2017 All Rights Reserved.